ままなびnただでさえ憂鬱な風邪(かぜ)の症状。

しかも妊娠中だと胎児への影響などもあるので、妊娠中のママさんはいつもより余計に心配になりますよね…。

そこで、今回は妊娠中に風邪をひいてしまった場合の対処方法などについて、詳しく解説したいと思います。

妊娠中の風邪は赤ちゃんに影響する?

妊娠中の風邪をひいてしまった場合、おなかの赤ちゃんにはどんな影響があるのでしょうか?

発熱の胎児への影響は?

風邪の際にいちばん心配な発熱についてですが、基本的にはそれほど心配する必要はありません。

ただし高熱(38度以上)が3日以上続いた場合や、40度以上の熱が出てしまった場合などは、念のため医師に相談するようにしましょう。

38度以下の発熱くらいでは、お腹の赤ちゃんへの影響はほとんどないそうですよ。

咳で力んでしまうのが心配…

咳(せき)がでるとおなかに力がはいるので、「早産になっちゃわないかな…」と心配になりますが、風邪の咳くらいではよっぽどのことが無い限り心配ないようです。

また、「妊娠咳」という妊娠中に特有の症状もありますが、こちらはのどの痛みや鼻づまりを伴いません。

のどをよく加湿するなどでケアすれば、そのうち自然と症状は和らぐようです。

このように、ついうっかり風邪をひいてしまったとしても、一般的な症状の風邪くらいでは“おなかの赤ちゃんに影響を与えることはほぼない”ようですね。

まずは慌てずに安静にして、栄養を充分にとってゆっくり休んでください。

 

妊娠中の風邪はどうやって治す?

妊娠中は薬の服用などにも制限がかかります。ではどのように風邪を治せばいいのでしょうか?

妊娠中に薬を飲んでも大丈夫?

妊娠0週目などのまだママが妊娠に気がついていないような状態では、お腹の赤ちゃんの身体も形成されていませんので、特に注意は必要ないようです。

ただし、お腹の赤ちゃんの身体が作られはじめる妊娠4週目以降は、薬による影響が出てしまう可能性があるため注意が必要なのです。

市販の薬など、病院で処方されたもの以外の薬を使う場合は、かならず事前に医師や薬剤師に相談するようにしてくださいね。

栄養ドリンクはカフェインに注意!

妊娠中は食生活も不安定になり、体力も落ち気味です。

風邪をひいていなくても栄養ドリンクやエナジードリンクをを飲みたくなることもありますよね。

どうしても栄養ドリンクを飲みたいときは、商品のラベルをよく確認して「妊娠中の栄養補給に」など、妊婦が服用しても問題ない表記があるものにしましょう。

また、妊娠中は「カフェイン」の過剰摂取もよくありませんので、カフェインの含有量などもチェックするようにしてください。

風邪の予防に重要な役割を果たすビタミン群は、なるべく食事から摂取するようにしたいですね。

風邪のひき始めなら葛根湯を!

「葛根湯(かっこんとう)」は風邪の初期症状に効果的な漢方薬で、効き目も強くないため妊婦さんにも安心の商品です。

ただ、進行してしまった風邪には効果が薄く、まれに吐き気などの症状がでる人もいるようです。

あなたの体質に合うかどうかは、かならず気にするようにしてくださいね。

 

妊娠中は体調管理がもっとも大切!

妊娠中は体力、免疫力が弱っていることが多いので、いつも以上に体調管理が重要になります。

また、風邪だけでなくインフルエンザなども気をつけなくてはなりませんね。

下記に(とってもあたり前のことではありますが…)風邪の予防に効果的な対策をまとめましたので、ぜひ今日から実践してください。

バランスの良い食事!

食事は妊娠中だけでなく、普段から気を使いたいですよね。

妊娠中はつわりなどで大変ですが、おなかの赤ちゃんのためにも栄養のバランスには特に注意しましょう。

適度な湿度をキープ!

風邪やインフルエンザなどの細菌・ウイルスは、「乾燥」が大好物です。

加湿器や保湿用のマスクをするなど、ウイルス予防に最適な湿度(50%以上)を保つように努力しましょう。

たっぷり睡眠をとる!

「睡眠不足」は免疫低下の原因になります。

最近では妊娠中でもギリギリまで働く女性が多くなってきたため、睡眠時間の確保には注意しなくてはなりません。

なかなか寝つけない場合は、適度な運動やストレッチをしたり、お風呂に入って身体をあたためるなどの工夫をしてみてください。

妊娠中は最低でも6~8時間の睡眠をとるように心がけたいですね。

体温を維持しよう!

体温をあたたかいままキープすることで、血液の循環を促すことができます。

しっかりと血液の循環がなされていると、免疫力を高めることにもつながります。

おしゃれをするために薄着でいたい!ちょっと肌寒いくらいが好き!という方もいると思いますが…

おなかの赤ちゃんのために、しっかりと体温が保てる服装をしてくださいね。

 

まとめ|妊娠中の風邪について

いかがでしたか?
最後に今回の内容を簡単にまとめてみました。

●通常の風邪くらいでは、胎児への影響はほぼない!
●2~3日で治らないようならば病院へ行く!
●診察を受ける際には、かならず妊娠中と告げましょう!
●自己判断での薬を飲んではいけません!
●風邪の初期ならば葛根湯がおすすめ!
●いつも以上に健康的な生活でしっかりと予防!

加湿に睡眠、そして栄養のある食事などに気を配り、いつも以上に健康的な生活を送るようにしてくださいね!

[文:アッキー]