ままなびu

こんにちは、[ぷぅこ]です。

私は子育てに悩んだとき、子供との接しかたに悩んだとき、子供を必要以上に叱ってしまったとき…かならず思い出すものがあります。

それはAC(公共広告機構)が放映していた「抱きしめる、という会話。」 というTVCMです。

自分の子供なのに、
愛しかたがわからない。

まず、
子供を抱きしめてあげてください。

それはあなたにもできる、
言葉をこえた愛情表現です。

最近、子供を虐待したり育児放棄して、挙げ句の果てに死なせてしまったり…。そんな悲しい事件が相次いでいますよね。

私はそんなニュースを目にするたびに、なんとも言えない嫌な気分になり、悔しくて切なくて…やるせない気持ちになります。

あの子たちは、その短かすぎる一生のなかで、どれだけ笑うことができたのだろうか…?あの子たちにも、生まれてきて良かったと思える瞬間はあったのだろうか?

そんなことを考えると、つらくて涙が出てきてしまいます。

なんとかしたい。できれば彼ら全員を救いだしてあげたい!…でも、そんな大それたことできるわけないですよね。。

でも、なにか自分にもできることがないか?と考えた結果が、この「ままなび」というサイトです。

 

…と、ちょっと話がそれてしまいましたが。。

このCMは、子供の愛しかたに悩んでいるママはもちろん、子育てをするすべてのママとパパに見てほしい動画です。

あなたは、ちゃんと子供を抱きしめてあげていますか?

子供がわがままで言うことを聞かない…反抗的で口ごたえばかりする…無口で無表情でなにを考えているかわからない…。

でも子供との上手な接しかたがわからない。いつも必要以上に叱ってしまい、手をあげてしまい…あとでひとり後悔する。

多かれ少なかれ、親であれば誰にでもある経験だと思います。

そんなときは、ただ抱きしめてあげてください。ゆっくりと優しく、子供を包み込んであげてください。

言葉なんていりません。ただ子供のからだに触れ、頭を優しくなでたり、背中をさすったり…それだけでいいのです。

それだけであなたの愛情は伝わります。あなたが子供を大切に思う気持ち、いとしいと思う気持ちはじゅうぶんに伝わっています。

 

私もできるだけ毎日子供を抱きしめるようにしています。忙しいときでも、子供の機嫌が悪くて嫌がるときも(笑)かならず子供のからだ触れて、スキンシップを取ることを自分のルールにしています。

たったそれだけで子供は安心し優しい気持ちになるんですよね。ちょっとずつ素直になり、ママやパパのことを信頼し、愛してくれるはずです。

特に最近子供とちゃんとコミュニケーションとれてないな…なんて方は、ぜひ試してみてくださいね。

 

最後に…
この広告が放映された当時に、新聞広告などに添えられていた素敵な文章があるので、そちらも紹介したいと思います。

子どもの頃に抱きしめられた記憶は、
ひとのこころの、奥のほうの、
大切な場所にずっと残っていく。

そうして、その記憶は、
優しさや思いやりの大切さを教えてくれたり、
ひとりぼっちじゃないんだって思わせてくれたり、
そこから先は行っちゃいけないよって止めてくれたり、
死んじゃいたいくらい切ないときに支えてくれたりする。

子どもをもっと抱きしめてあげてください。
ちっちゃなこころは、いつも手をのばしています。

子供はいつもその小さな心で、ママの愛を求めて手を差し出しています。その手をしっかりと握りしめてあげてくださいね。

それは世界中でたった一人、あなたにしかできない愛情表現なのですから。。