子供041

こんにちは![のりぽょ]です。
今回は「予防接種」についてのお話をしたいと思います。

予防接種がなぜ必要なのか?赤ちゃんの体のなかでどのように働くのか?どのような注意点があるのか?…などを簡単にまとめてみました!

予防接種は赤ちゃんを病気から守る!

ところで皆さん、予防接種はなぜ必要なのかをご存知ですか?

赤ちゃんは成長していくなかで風邪などのいろいろな感染症にかかりながら「免疫(めんえき)」をつけていきます。

免疫とは、簡単にいうとその病気と戦うための能力や経験値みたいなものです。

いちどその敵(病気)と戦うと経験がたまり、次におなじ敵(病気)に出会ったときには一瞬でこれを倒せてしまったり、大幅に有利に戦うことができるようになります。

風邪のような比較的に軽い感染症であれば自然に免疫力がつくのを待てばいいのですが、もちろん病気のなかには命にかかわるようなこわい病気もあるわけです。

なので自然に身につく免疫ではたちうちできない、“感染力が強くて重症になる可能性の高い病気”から赤ちゃんを守るため、予防接種が必要になるのですね。

では、予防接種はどのように赤ちゃんを守るのでしょうか?

 

ワクチンを体に入れて感染させる!

予防接種とは「ワクチン」を赤ちゃんに注射したり肌につけたりして、免疫をつけることを言います。

ワクチンは、ウイルスや細菌の力を弱めたり、毒性を少なくしたものです。これを赤ちゃんの体に入れることで軽く感染した状態にして、その病気に対する免疫をつくるんですね。

そうすることで、それ以降に同じ病気のウイルス・細菌が体のなかに入ってきても発病や重症化を防ぐのです。

弱い病原体で経験を積んで、あらかじめ抵抗力をつけておく…ということですね。

 

ワクチンには2種類ある!

子供048

ワクチンには「生ワクチン」と「不活化ワクチン」の2種類があります。

生ワクチン

生ワクチンは病原体がまだ生きている(ただしかなり弱めている)状態です。

これを体に入れると軽くその病気になった状態になり、自然にその病気になったのと同じように免疫がつきます。

いちど生ワクチンを受けたあとは、次のワクチンを受けるまでに4週間以上あけます。

代表的な生ワクチン
BCG(結核)、はしか、風疹(ふうしん)、水ぼうそう、ロタウイルス、おたふくかぜ 他

不活化ワクチン

不活化ワクチンは病原体を殺して、その成分を取り出し無毒化したものです。

生ワクチンにくらべて免疫をつくる力が弱いため、何回かにわけて接種します。次のワクチンを受けるまでには1週間あけてください。

代表的な不活化ワクチン
ヒブ、肺炎球菌、4種混合、日本脳炎、インフルエンザ、B型肝炎、A型肝炎、HPV 他

 

任意接種と定期接種とは?

さらに予防接種には、定期と任意の2種類があります。

定期接種(ていきせっしゅ)

国がすすめている予防接種のことで、ヒブ、肺炎球菌、4種混合、BCG、麻疹風疹、水ぼうそう、日本脳炎、HPVなどがあります。

決められた時期に接種をすれば無料で受けることができます。逆に、国が定めた期間以外に受けた場合は有料です。

国がすすめるものですので、かならず予防接種を受けたほうがいい病気ばかりです。お住まいのエリアの自治体などから通知がきますので、忘れずに受けるようにしましょう。

任意接種(にんいせっしゅ)

保護者の希望など任意で受けるもので、ロタウイルス、おたふくかぜ、インフルエンザ、B型肝炎、A型肝炎などです。

費用は自己負担になります。ただし住んでいる区や市町村によっては少しだけ負担してくれる所もあるようです。B型肝炎の場合は母親がキャリアだと健康保険が適用されます。

定期接種よりやや優先度は下がるものの、こちらもなるべく受けるようにしたいですね。

 

予定が合わないときは?

一定の間隔をあけて複数回受けなくてはならない接種の場合、子供の体調などによっては予定通りに受けれないこともあります。

この場合も、少し間隔があいても大丈夫ですので必ず受けるようにしてください。もし判断に迷った時はお医者さんに相談しましょう。

 

こんな時は予防接種を受けられない!

子供034

下記のような場合は予防接種を受けることができません。

⚫︎熱が37.5度以上ある
⚫︎風邪をひいている
⚫︎嘔吐(おうと)や下痢(げり)をしている など

また、アレルギー体質の赤ちゃんはアナフィラキシーショックを起こすこともあるので、受けることができません。この様な場合も必ずお医者さんと相談をしてくださいね。

※アナフィラキシーショックとは、ワクチンの成分によって激しいアレルギー症状を起こすこと。

 

副反応ってなに?

副反応(ふくはんのう)」とは、接種したところがはれたり、発疹(ほっしん)ができたり、熱が出たり、キゲンが悪くなるなどの症状のことを言います。

副反応を怖がって予防接種を受けないママさんもいらっしゃるようですが、ほとんどの副反応は数日で自然に治ってしまいます。

しかし、まれに100万人に1人くらいの確率で重い後遺症が残ることがあります。心配な症状が出る場合はお医者さんの診察を受け、住んでいる地域の予防接種担当課に相談を!

また、重い後遺症の場合には国の救済措置がとられます。定期接種の場合は予防接種健康被害救済制度の対象になります。任意接種の場合は薬害救済制度によって補償されます。

 

こんな場合はお医者さんに相談を!

子供029

過去に以下のような症状を起こしたことがある子どもの場合、予防接種を受ける前にお医者さんに相談しておきましょう。

⚫︎熱性けいれんを起こしたことがある。
⚫︎アレルギー体質でアトピーやぜんそくの病気がある。
⚫︎予防接種のあと2日以内に発熱発疹じんましん呼吸困難が起こったことがある。
⚫︎薬を飲んだ後に発疹が出たりアレルギー反応が出たとき。
⚫︎心臓病腎臓病などの病気の治療をうけている。

最近ではこの様な場合でも子どもの様子を見ながら予防接種ができるようになりましたが、必ずお医者さんと相談し、予防接種を受けても大丈夫かを確認するようにしましょうね。

 

予防接種を受ける前後の注意点は?

予防接種を受ける際の注意点をまとめてみました。これらをかならずチェックし、安全に予防接種を受けましょう。

iconb_01受ける前は必ず子供の体調を確認!
iconb_02自治体から送られてくる問診票と資料をよく読んで問診票には記入をしておく!
iconb_03当日は脱ぎ着しやすい服で!
iconb_04母子手帳を忘れずに!
iconb_05帰宅後はいつも通りに過ごして大丈夫!ただ、激しい運動はしないでくださいね。
iconb_06接種後1時間はお風呂にはいっちゃダメ!
iconb_07生ワクチンは2〜3週間、不活化ワクチンは24時間位は子供の様子に注意!

 

最後に|わが家の予防接種は…?

ままなびaq

予防接種は種類も回数もたくさんあって大変ですよね。最近は集団接種もなくなった(?)のでよけいに大変。

うちは歳の近い子どもが3人いますので、入れ替わり立ち替わり、いろいろな予防接種を受けなくてはなりませんでした。唯一の救いは、3人とも注射では泣かないことですね…笑

いま小学校1年生の長男の時は、BCGとポリオが集団接種でした。3歳の長女の時は集団接種はありませんでした。

1歳の末っ子のときには定期接種があまりに多いことにびっくりしたのを覚えてます。ヒブも肺炎球菌も水ぼうそうも定期接種でした。

わたしが通っている小児科の先生は同時接種をしてくれないので、毎週のように予防接種に通わなくてはならなくて…予定を合わせるだけでもひと苦労でした。。

大変なんですが、同時接種にしちゃうとどのワクチンで発熱したのかがわからなくなるので…何かあったときには対応が遅れちゃうのが心配なんですよね。

ただ外で働いてる忙しいママさんにとっては同時接種のほうが助かりますよね。どうしてもスケジュールを合わせるのが難しい場合は、子どもの体質や年齢、ワクチンの内容などもふくめて、お医者さんや看護師さんと相談しながらスケジュールを立てるようにしましょう。